見ないで弾こうニッケルハルパ

ニッケルハルパを弾く時に自分の左手を見ていませんか。

とりあえず見るのをやめてみませんか。

見るのをやめると何が変わるか。

反応スピードが変わります。

手を見ながら弾くと、情報が脳みそを介します。

その分だけ反応が遅くなります。

一方で手を見ないで弾くと、情報は脊髄からダイレクトに伝わります。

圧倒的な違いがここにあります。

最初のうちは鍵盤の位置が分からないから見てしまう。

目で確認したい。

もちろんその気持ち、わかります。

ニッケルハルパに慣れるまでは王道かもしれません。

慣れてきたら、徐々に顔を上げていきませんか。

目で確認するのではなくて、指や手、腕で確認していきませんか。

どれくらい指が離れたらどの音が鳴る。

腕がこの角度にある時の小指はどの音を押さえている。

などなど、身体の感覚でニッケルハルパに触れてみませんか。

楽しいですよ。

自分の手を見ないということは、周りを見ることができるということです。

例えばセッションで一緒にいる人の表情を見ながら演奏する。

ブレイクのタイミングやアドリブに反応しやすくなります。

目と目で通じ合うこともできます。

開かれた世界に飛び込んでいく感覚になります。

ぜひお試しください。