第一回ワークショップ

ダンス伴奏

11/14(土)ワークショップの第一回目が無事開催されました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

今回は左利き用ニッケルハルパの需要を受け、体験レッスンを二回に分けて行いました。
今後も参加される方のご希望に沿うようフレキシブルに対応していきます。

体験レッスンでは弓の持ち方、ニッケルハルパをもつ位置、ニッケルハルパらしい音の出し方などを解説。
その後A弦だけで弾ける曲を一緒に弾いてみました。

個人レッスンでは参加者が弾きたいとお伝えくださった曲を課題曲に設定。
運指や弓の上げ下げ場所などを解説しながら1フレーズずつ繰り返し練習しました。

第二部はショッティスがテーマとしつつ、他の形式についても触れつつ進行。
踊りやすい演奏のための「つなぐ意識」について考えました。

第一回を終えての正直な感想は
「まさか参加者がいるとは思わなかった(レフティの)」

自虐的に聞こえるかもしれませんが、本音です。
一般的に左利きの割合は10%前後と言われています。
つまりニッケルハルパに興味をもつ方が10人いればそのうち一人が左利きとなる計算。
それが二人もいらっしゃった。
もしかしたらニッケルハルパってすごくメジャーな楽器なんじゃないか。
そう思えて仕方がありません。
左利きだけでなく右利きの方も大歓迎です。
タマダとアシスタント(右利き)の二人でお待ちしております。

ニッケルハルパに興味を持ってくださった方、スウェーデンの音楽を楽しみたい方、ダンスの演奏をやってみたい方。
それぞれの気持ちにお応えできるよう今後も続けてまいります。
ちょっとでも気になることがあればページ下部のお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

次回ワークショップは12/6(日)を予定しております。
第二部のテーマは「ヴァルス:vals」です。
音楽は3/4拍子です。
ヴァルスは大きく2種類あります。
それぞれの特徴をご紹介しつつ、踊れる演奏について一緒に考えていきたいと思っています。


    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    タイトルとURLをコピーしました