READ MORE

ルーティーンを少しずらす

いつもの時間、いつもの場所。 いつもの手段、いつもの方法。 ちょっとだけずらしてみると、大きな発見が見えることがしばしば。 例えば通勤通学途中。 いつもの通りの一本脇の道から行ってみる。 いつもの電車の一本前に乗ってみる …

READ MORE

待つのも制作のうち

スウェーデンに材料のオーダーをしていますが、なかなかその後の連絡がきません。 おそらくですが、あらかじめ在庫として用意しているのではなく、オーダーがあってから準備(切り出し等)するスタイルなのだと思っています。 これが本 …

READ MORE

理想を求めるなら自分で作る

僕は左利きです。 Louise Bylundと同じく左用のニッケルハルパを使っています。 Johan Hedinのように左利きだけど右用のニッケルハルパを使っている人もいます。 僕が左用のニッケルハルパを使うのはごく自然 …

READ MORE

体に染み込ませる

先日、フォークダンスの勉強会でのことです。 最初のうちは楽しく弾いていました。 ところが、久しぶりにOrsaを弾いたところから分からなくなってしまいました。 リズムが、アクセントが、テンポが。 今までどう弾いていたのかも …

READ MORE

もっと(右手に)光を!!

この言葉で思い浮かぶのがゲーテなのかBLUE ENCOUNTなのかでジェネレーションがわかるかもしれませんが、今日はニッケルハルパの話です。 片手で音を出して残りの片手で音階を変える楽器。 ニッケルハルパやギター、ヴァイ …

READ MORE

好きな音楽はどの地方ですか?

スウェーデンの民族音楽は、地域や地方ごとに特徴があります。 例えばニッケルハルパの故郷であるウップランドの音楽とノルウェーに近いダーラナの音楽とではかなり違う印象を持ちます。 そしてダーラナの中でもBoda:ブーダ(ボー …

READ MORE

見ないで弾こうニッケルハルパ

ニッケルハルパを弾く時に自分の左手を見ていませんか。 とりあえず見るのをやめてみませんか。 見るのをやめると何が変わるか。 反応スピードが変わります。 手を見ながら弾くと、情報が脳みそを介します。 その分だけ反応が遅くな …

READ MORE

人前で緊張しないで弾く方法

一人で練習していると弾けるのに、セッションや人前で演奏するとなると緊張して上手く弾けない。 そんな経験はありませんか。 僕もかつてはかなりの緊張しいで、鍵盤をガタガタ鳴らしながら演奏したこともあります。 最近はそこまで緊 …

READ MORE

ニッケルハルパ普及のジレンマを考える

最近ニッケルハルパを始めた人と話をしていた時のことです。 彼は「ニッケルハルパは入手するまでのハードルが高い」と言っていました。 確かにその通りです。 ニッケルハルパはスウェーデンでも基本は受注生産。 一台作るのに一人の …

READ MORE

弓の持ち方を研究する

テノールニッケルハルパはニッケルハルパより大きいです。 説明するよりも見ていただく方が早いですね。 右がニッケルハルパ、左がテノールニッケルハルパです。 ニッケルハルパと比較するとボディサイズは一回りくらい大きくなってい …